SEIGETSU

漆職人の繊細な手仕事によって、スピーカーの穴に金箔を貼った日本オリジナル商品。
JAZZのスタンダードの曲に”Blue Moon”という曲がありますが、その曲は、「恋人がいない私が嘆き、月に祈りをささげると、突然、愛すべき人が目の前に現れた。空を見上げると金色の月があった・・・・」というようなロマンチックなもの。Blue Moonを日本語で「青月(せいげつ)」と表現してみました。
 
通常、漆塗りは、いくつもの工程を経て最後に金箔を貼るわけですが、このスピーカーは、そもそも、漆塗りに必要な下準備の工程を経ておらず、しかも凹面に貼るということで、ここに金箔を綺麗に貼るのは非常に手間がかかり、難しいこと。ただ、これも、職人さんのご協力を得て、製品化することができていますので、この製品を手掛けて下さっている漆職人さんには、本当に感謝です。
 
自然の木を使用していますので、模様や色味など商品ひとつひとつにそれぞれの個性がありますが、その個性をありのまま愛して頂ければ幸いです。おそらく、お客様のもとへ行くべき商品が選ばれ、お手元に届くこととなりますのでどうぞお楽しみに。
 
The delicate hand of the lacquer ware maker applies gold leaf to the speaker’s cavity creating the original Japanese product, SEIGETSU.

The name for SEIGETSU, (青月) “blue moon” in Japanese, comes from the popular romantic song, “Blue Moon”:

And then there suddenly appeared before me
The only one my arms will ever hold
I heard somebody whisper, “Please adore me”
And I looked the moon had turned to gold

Ordinarily, there are many steps taken in the process of applying gold leaf to a lacquer ware product. But with SEIGETSU, no lacquer is applied to the speaker. The lacquer ware maker uses his delicate hand and exquisite craftsmanship to apply the gold leaf in the small cavity of the speaker, a task that is difficult and time consuming for even a veteran to accomplish.

SS01
¥20,000(税別)